馬場雄大が豪州NBLのメルボルン・ユナイテッドと契約!

日本人選手 その他海外



351 : 2020/07/19(日) 16:10:39.67

馬場NBL入りか
352 : 2020/07/19(日) 16:20:23.34

馬場決まったか、良かったな
これでアルバルクは安心してラスト1枠埋めにいけるけどどうするか
NBLは所属チームがプレーオフいかないならシーズン終了がギリギリBリーグの登録に間に合うが、メルボルンは強い方なのでそこは考えなくてもいいだろうし
354 : 2020/07/19(日) 16:40:32.43

日本帰った方が稼げるんじゃん?オーストラリアリーグからならNBAの芽があるのかな?
358 : 2020/07/19(日) 17:14:42.95

オーストラリアか森カンナはよく許したな
360 : 2020/07/19(日) 17:24:56.55

オーストラリアは地元選手はサラリーキャップがあってそこまでだけど外国籍選手にはそれなりにお金貰えたはず
361 : 2020/07/19(日) 17:44:38.66

アジア枠なんだからその地元選手側だろ
364 : 2020/07/19(日) 18:06:39.46

>>361
向こうの記事でサラリーキャップ対象外って書いてるよ
363 : 2020/07/19(日) 17:47:32.59

オーストラリアの次は中国で最終的にアルバルクかな
365 : 2020/07/19(日) 18:21:59.28

富山で待ってます

382 : 2020/07/19(日) 16:07:34.68

出場機会はGリーグよりあるかもな
383 : 2020/07/19(日) 16:09:52.11

>>382
これで明確に馬場>>>比江島てことが証明される
やっぱりスポーツはメンタルが重要な要素
384 : 2020/07/19(日) 16:11:53.67

Gとは契約出来んかったのか?
390 : 2020/07/19(日) 16:21:58.85

NBLはめちゃめちゃレベル高い
NBAにいくためのステップにしてる選手もいる
チーム数も少なくGリーグよりも個人的にはレベル高いと思ってる
391 : 2020/07/19(日) 16:27:12.09

ドラフト上位指名候補のラメロでさえ得点ランキング17位
RjハンプトンなんかもNBAにいくためのステップとしてNBLを選んでる、Gリーグほどではないが、NBAにも注目されてるリーグ
392 : 2020/07/19(日) 16:27:37.59

ラフト候補がカレッジに行く代わりに来たりするから普通にレベル高い
今後はGにセレクトチームできるからそっちに流れると思うけど
394 : 2020/07/19(日) 16:34:28.81

>>392
もう今年から大学じゃなくGリーグ行く奴がちらほらいるね
今年の高校NO.1はGリーグに進む
393 : 2020/07/19(日) 16:32:01.05

明確なステップアップともステップダウンとも言えない
NBAは遠くなるし個々人の能力は下がるけどGではなかなか味わえない真剣勝負は出来るでしょ
395 : 2020/07/19(日) 16:35:10.85

もう25だしオーストラリアいくならNBAは無理やろ
396 : 2020/07/19(日) 16:36:56.45

メルボルンのACが日本人
397 : 2020/07/19(日) 16:37:39.30

コロナのこと考えたらアメリカよりオーストラリアだろうな
405 : 2020/07/19(日) 18:42:17.90

まあアメリカ以外の選択肢が増えるのはいいことじゃない?オーストラリアから日本に来る選手が出てくるかもしれんし。
比江島から始まって馬場が繋いでくれた



バスケまとめ・COM

コメント

  1. ナビーがババブーンに追い抜かれる可能性も微レ存?

  2. まあそう考えれば比江島が行った意味もあるな

  3. ここって、ベンシモンパパがいた所で
    オーストラリアリーグでもTOPクラスの強さでしょ
    この水準で契約できるってスゴイな

    フィジカルコンタクトひどいらしいが
    Gリーグと同じぐらいのレベルはあるよ

  4. オーストラリアの試合ってテレビとかネットで見れるの?

  5. ネットで安く全試合見れる

  6. NBLは良い選択だと思う。
    たしかにGリーグよりNBAに遠いかもしれないが、それは渡邉以上のレベルの選手が気にすること。
    Gリーグはどうしても個人技に走りがち。
    NBLを足掛かりにする若手も増えてるし、テレンス・ファーガソンとかもNBL経験者。
    フィジカルなリーグでの経験はソフトな日本人にとっては良い経験になるはず。

  7. ※4

    オーストラリアNBLは公式Twitterアカウントが普通にライブしてるぞ

タイトルとURLをコピーしました