女子Wリーグのシャンソン、主審に損害賠償を求めていた提訴を取り下げ…第三者委員会で真相究明へ

WS000073

スポンサーリンク


シャンソン提訴取り下げる 第三者委で真相究明へ

女子バスケットボールWリーグのシャンソン化粧品が、主審に対して3000万円の損害賠償を求めていた
静岡地裁への提訴を取り下げることが22日、分かった。来月中旬にも初公判が予定されていたが、
法廷ではなく、リーグを管轄する女子日本リーグ機構が設立した第三者委員会(倫理委員会)で
真相究明を目指していく方針を固めた。

発端は昨年11月29日のWリーグのデンソー戦。53-53で迎えた第4Q終了間際に、
シャンソンの三好がドリブルで切れ込みファウルを受けた。1度はフリースローが与えられ、
審判も準備に入ったが、突然何の説明もなく、取り消された。
単なる誤審ではなく、ルール上の権利が奪われた不正行為と問題視した。

当初はWリーグが問題を検証せず、謝罪もなかった。そのため昨年末に問題提起の意味も込め、
個人攻撃との批判を承知で提訴した。だがシャンソンが先月28日に会見を開いたことで、
Wリーグも今月10日に、原因調査のために第三者委員会を設置。
シャンソン側は今後、同委員会にさらなる中立性を求め、真相の解明と再発防止を訴えていく。

nikkansports.com [2016年2月23日9時18分 紙面から]
http://www.nikkansports.com/sports/news/1607969.html


4 : 2016/02/23(火) 11:38:05.47
>>1
>今月10日に、原因調査のために第三者委員会を設置。

リーグがこういう措置をさっさとやっておけば良かったのに

14 : 2016/02/23(火) 11:51:32.29
>>4
ホントそれ、求めてたのに無視をしてお前黙ってろじゃ話にならない
最初から当たり前の事をしてればいいものを、いつまで経っても変わらないバスケ協会
17 : 2016/02/23(火) 12:15:46.87
>>4
その第三者委員会もリーグの息が掛かってるんだが…
6 : 2016/02/23(火) 11:40:58.42
闇は深そうだ
9 : 2016/02/23(火) 11:42:36.77
今まで検証しなかったのがおかしい
15 : 2016/02/23(火) 11:53:13.10
結果をコントロールか
今の世の中らしいよね
16 : 2016/02/23(火) 12:12:35.44
裁判沙汰にした時点で今後中立になるか怪しいな
訴えられるかもって思いながら審判やる人も出てくるだろうし
18 : 2016/02/23(火) 12:18:16.98
それでも、審判の個人責任問うたのは違うと思うよ
専門プロフェッショナルではないもの
協会を訴えるべきだったろ
22 : 2016/02/23(火) 12:47:57.83
>>18
再三訴えたが無視をしたんだよ、審判はシャンソンに説明をするルールを守らなかったと謝った事も有り提訴を取り下げた
25 : 2016/02/23(火) 14:42:07.79
>>22
それだと審判は裁定は正しかったが、説明しなかったことに不手際があっただけということだよね。
3000万円請求を取り下げるのとバランスが取れてないが
19 : 2016/02/23(火) 12:18:52.88
バスケで一度ジャッジしたファウルを取り消すなんて聞いたことがない
説明したとしても取り消すことができる規定なんてなかったと思うが
20 : 2016/02/23(火) 12:22:22.21
誤審でした。でも試合結果は覆りません
で済むことだろ
21 : 2016/02/23(火) 12:40:45.26
昔、人が足りずに草サッカーの試合の審判頼まれて一人で審判やった事あるけど両チームから「オフサイドだろうが!」「ファウルだろ!今の!」とか大変だった。審判やるなら金もらって練習して権威ないとやりたくない。
23 : 2016/02/23(火) 12:49:43.64
>>21
学校の球技祭でやらされたが怖かったわw
二度とやりたくないw
24 : 2016/02/23(火) 13:02:33.23
>>23
ある意味あるあるネタだからなぁ…
実際に微妙な判定でもムキになってくるし、映像が無いから反論の使用も無い
28 : 2016/02/23(火) 16:07:53.82
これあちこちに動画あるけど、
明らかに反則に対する笛のピッっていう音の後に
試合終了のブザーがなっているんだよね。

29 : 2016/02/23(火) 16:21:35.84
>>28
試合終了時間と試合終了ブザーの間にタイムラグがある可能性があるからね
試合は主審 主にコートを見る副審1 試合終了間際は時計を見る副審2の3審判体勢
副審1がファウルの笛  
副審2が主審にタイムアップが早いと伝えて主審がその判断を受け入れという流れ
今回のシャンソンの主審に対する3000万円請求訴訟取り下げでも、主審はタイムアップがファウルより早いという判断を誤りだとは認めていない。
副審1のファウルの笛からフリースローの準備 そして突如タイムアップとしたことに関して、説明不十分だったと不手際を謝っただけ。
タイムアップが先という判断は維持している
31 : 2016/02/23(火) 16:56:53.61
写真を見ても、ファールがあった瞬間はまだ0.6秒残ってたな

sp-shanson-tk20151201-w500_0

32 : 2016/02/23(火) 17:18:31.49
実際のファウルとファウルの笛には時間差が生じる
実際のファウルの時でなく、ファウルの笛の時で判断する。
試合終了も、実際の試合終了と終了ブザーに時間差が生じることもある。
終了ブザーでなく公式の時計で判断する
だから実際のファウルが公式の時計や、終了ブザーより前でも、ファウルの笛が公式の時計で試合時間終了後ということもある。
ファウルの笛を副審1が吹いたが、副審2が公式の時計で試合時間終了を確認して、主審が副審2を採用。
現在まで主審は誤審とは認めてないが、シャンソンは主審に対する3000万円請求訴訟取り下げ。
主審は終了間際に副審の判断が割れて多少混乱を生じさせながら説明しなかった不手際のみ謝罪
42 : 2016/02/23(火) 22:33:31.17
審判個人に対しての3000万円請求訴訟取り下げは、バスケット協会でなく審判個人という弱い存在を攻撃しようとしたシャンソンの、全面的敗北宣言と同じだね。
訴えられた主審は、タイムアップの判定に関しては全く訂正することもなく、当然誤審と認めてもいない。
只試合時間終了時のファウル→フリースロー→タイムアップという変更に関して、説明不足の不手際を謝罪しただけ。
これで3000万円請求訴訟を取り下げるということは、訴訟自体が如何に無理なものであったかを示している。
46 : 2016/02/24(水) 00:49:20.63
ニッカンスポーツの記事だと第3者委員会はシャンソンの期待には反するものになりそうだな
第3者委員会では審判がどう対応するのが適切だったか結論を出して欲しい
試合の進め方の不手際に問題があったという結論で収拾するのだろう


スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク